コールドマーケット攻略方法を伝授!あなたのテレアポリストの本当の活用法(第3回)

この記事は約 3 分で読めます。

全3回のテレアポリストの活用法も今回で最後となります。

第1回(コールドマーケット攻略方法を伝授!あなたのテレアポリストの本当の活用法(第1回))では売れるリストについて、第2回(コールドマーケット攻略方法を伝授!あなたのテレアポリストの本当の活用法(第2回))ではウォームマーケットを集めるために、紹介法が有効であることを紹介しました。

そして、第3回では究極のテレアポ活用方法としてコールドマーケットの攻略法をお教えしまう。

もしコールドマーケットすら売れる人に繋がったらどうでしょうか?

あなたは嬉しいに違いありません。

そこで、本ページでは、特別にあなたのためにコールドマーケットへのテレアポ方法についてご紹介します。

スマホで電話する外国人男性

1.テレアポリストのほとんどがコールドマーケット層

前回ではテレアポリストにウォームマーケットを増やしていけば売り上げに繋がることを説明しました。

ですが、現実的には

テレアポリストのほとんどがコールドマーケット層

に違いありません。

コールドマーケット層とは、営業担当などとは何にも接点を持たないような人で、マーケットのほとんどを指しています。

このコールドマーケット層の特徴は、

テレアポに対して敏感に反応し、敬遠しがちな人

と言うことです。

そのため、電話をかけてもすぐに切ってしまったり、断り文句を言われるということになってしまいます。

こうしたコールドマーケット層がリストの9割以上を占めているのです。

このような特徴があるコールドマーケット層だからこそ、攻略することによって売り上げにつなげることが出来るのです。

そこで、あなたのためにテレアポ術をお教えしいます。

2.テレアポの王道と変則技

いわゆるテレアポには王道があります。

王道的な方法…「お客さんに選ばせる」

テレアポの最終的なゴールはアポを取ることにあります。

このゴールを間違えないようにする必要がありますが、ここにたどり着くためのルートを選んでいく必要があります。

  • 高いままと安いままどちらがいいですか?
  • お客様がやるのと業者がやるのはどちらがいいですか?
  • お時間帯は朝方と夕方どちらがいいですか?

このように選ばせてあげることが重要で、お客は選ぶことに価値があると思うのです。

ただし、あくまでもアポにつなげる選択肢を作っておく必要があるため、必要ですか?などと聞くのはNGです。

そのため、王道の手法としては

お客さんに選択させる

方法があります。

3.変則的な方法…「意外性を狙う」

ただし、一般的にお客さんはテレアポに飽きています。

そのため、違った方法が必要になり、それが

意外性を狙う

と言うことになります。

この意外性とは今まであったテレアポとは違うもので、例えば以下のようなものがあります。

  • この町一番の○○ですが、あなたのご協力が必要なんです。
  • いつもお世話になっております。○○なんですけど、いつも使ってくれている○○の最新版が出たんですよ。

以上のような、相手の意表を突く発言をすることで、他のテレアポと違うと思ってもらえ、話に食いついてもらうことが出来るようになります。

そのため、意外性を狙う方法も使ってコールドマーケット層も攻略できるのです。

第3回『コールドマーケット攻略方法を伝授!あなたのテレアポリストの本当の活用法』

  • テレアポリストのほとんどがコールドマーケット層
  • 王道と変則技でコールドマーケットのアポイントを取る

以上、全3回を利用することで、テレアポを攻略することが出来るようになるのです。

そのため、テレアポに悩んでいる企業様はぜひ活用してみてください。

今すぐ無料ダウンロードする 製品版を今すぐ申し込む
お問い合わせ