アイキャッチ画像0301

ちょっとの努力でメキメキ成績があがる?営業マン必見の「スキマ時間活用法」とは?

この記事は約 5 分で読めます。

会社は利益をあげるために存在しています。多くの会社においてそのために「営業活動」を行い、またその役目をいわゆる「営業マン」と呼ばれる人たちが負っています。

特に営業活動を利益確保の拠り所としているような会社においては、正に営業マンの活動如何で会社の舵取りが大きく左右されます。

そのような会社では自社の営業マンに大きな期待をかけますが、その期待に反してなかなか結果が伴わない、と嘆く経営者の方が多いのも残念ながら事実です。

また、上司からの期待に添うことが出来ずに悩んでいる現場の営業マンの方もそれと同じくらい多くいらっしゃいます。

解決策は様々ありますが、そのなかの一つとして営業マンの仕事のクオリティアップを図る、ということがあげられます。

今回はそんな悩める経営者の方と現場の営業マンの方双方に、すぐにでも実践できるクオリティアップ術、「スキマ時間活用法」についてご紹介します。
新たなる投資も大きな努力も必要ない、とても簡単なものですので、ぜひ活用してお役立てください。

活用術その1 スキマ時間で「戦力を整える」!

03-01

営業マンにとって商談は戦争でいえば、まさに「決戦」。どんな戦いにおいても入念な準備なし成功した試しは古今東西ありません。

この準備活動を気付かぬうちに疎かにしてしまっているというケースも多々あるので、これは大事にしたいものです。しかし普段から忙しい営業マンの方があらためてこの時間を確保するのもなかなか難しいのでは?

そこで「スキマ時間」です。プレゼン資料を作成するといった大がかりなものは別として、出来ることは意外と多いものです。


・商談で使用する資料をチェックする
・取引相手についての最新情報を確認
・商談で話す内容の構成を考えてみる(合間にいれる「雑談」のネタを仕込むなど)

このようなことをしておくだけでも、その後の結果に大きな差が出てきます。


・資料の事前チェックが甘かったために、取引相手の執拗な追求を受けて商談失敗
・相手のことを何も判らずに訪問して、途中で話しが煮詰まってしまった
・商談であまり良い印象を与えることができなかった

このような経験をしている営業マンは新人・ベテラン問わず多いのではないでしょうか?スキマ時間活用による「戦力整備」はこれらのリスク回避に大いに役立ちます。

マイナスとなる要素をできる限り排除して、こちらが有利になるような武器(資料)を携えて戦いに臨みましょう。さらにいえば、ビジネスといえど、「人と人」とのつながりが大事です。
このスキマ時間で確認した情報や仕込んだネタで相手との距離を一気に縮め、好印象を持って商談を有利に運びましょう。

スマートフォンやタブレットなどは一時期のPC並の性能を持っていますので、移動中やちょっとしたスキマ時間にソーシャルネットワークなどを活用したりして相手の情報や興味を調べておくことも簡単にできるでしょう。

これらはそんなに大がかりなことではありませんが、事前の準備によってスタートダッシュを切ることができます。
また、このようなことは営業マン自身の意識を高め、より高いクオリティの仕事ができるようになる効果も合わせ持っています。

活用術その2 スキマ時間で「人脈形成」!

03-02

営業マンにとって「人脈形成」は大きな命題の一つです。取引先とのつながりはもちろんのこと、仕事を円滑に回すためのネットワークやさらなる取引拡大のためのネットワークなど、常に人とのつながりを求めていくのが営業マンともいえるでしょう。

以前は郵便や電話といった手段を活用していたものですが、PCとネットが普及し、さらにスマートフォンをはじめとするモバイル端末の普及により、使える手段の幅は昔に比べて大きく広がっています。

出来る営業マンと言われる人は、そんな最新ツールも使いこなしています。
ソーシャルネットワークを人脈形成に利用して、大きな結果を残しています。

特にFacebookなどは実名利用を基本としているので信頼性が高く、友達申請やコメントをアップしたりしてネットワーク形成を図ってみてはいかがでしょうか?

最近では企業によるFacebook展開も当たり前になってきていますので、興味のある会社にアクセスしてビジネスのための橋頭堡を築くという手も多く使われています。

ただ一つ注意しておかなければいけないことは、あくまで「人脈拡大」のための手段としてこれらのツールを使うということを忘れてはいけないということです。内容的に楽しくてついついいろいろな投稿に見入ってしまったり、自分の趣味に走ったりして、いたずらに時間を浪費するのは慎むように心がけましょう。

活用術その3 スキマ時間で「ルーチンワークを処理」!

03-03

スキマ時間の活用においてこれはまさに「王道」といえるものでしょう。

ルーチンワークにダラダラと時間を費やすことほど、無駄なことはありません。売上に直結しないような仕事はできるだけ迅速に処理して、本来の「営業活動」に重点を置く、というのは売上アップのためにとても大事なことです。

内容はいろいろとあるでしょうが、意外と見過ごせないものとしてあげられるのは「メールの処理」です。

これに多くの時間を費やして「仕事をした気分」に浸ってしまっている自分はいませんか?

内容を大きくみて、処理する優先順位をつけどんどん対応していきましょう。返信なども事前にテンプレートをつくっておくと手早く処理できるようになります。

内容の優先度を選別して処理していく習慣をつけることで、効率的な業務進行を行える体質も身につけることができるので一石二鳥です。

メールの処理以外には、領収書等経費関係の処理もスキマ時間を活用して終わらせましょう。

他には、経費の集計なんかも空き時間でするべき仕事です。
成績の悪い営業マンほどこれらに時間をかけすぎているというデータも存在するほどです。

03-04

いかがでしょうか?
一度営業マン各自で「時間の棚卸し」をしてみてはいかがでしょうか。意外と活用できる「スキマ時間」が多くあることが判ると思います。
現場への移動時間やアポ前の待ち時間など、デキる営業マンほど活用可能なスキマ時間を利用しています。

今回ご紹介した内容は、特別なスキルも必要なく誰でもできるものです。

ぜひ、実践して売上アップの一助にしてください。

自分で思った以上に早く「結果」が目に見える形で現れることと思います。

今すぐ無料ダウンロードする 製品版を今すぐ申し込む
お問い合わせ