広報担当者必見!メールマーケティングの効果をAIDAで解説

この記事は約 3 分で読めます。

もし新たな広報戦略をしようと検討しているときに、あなたのような広報担当者は、
その効果の見込みについて知らないため戦略を決め切れずに戸惑ってしまうかもしれません。

そのため、このページでは、そんなあなたのためにメールマーケティングの効果と有効性についてAIDAを利用して解説していきます。

笑顔の女性社員

1.目に入りやすい「Attention」…◎効果絶大

メールマーケティングは、メルマガ購読者などのためにダイレクトメールなどをすることが指す場合が多いです。

こうしたメールの特徴は相手が受信したら「件名」がすぐに表示されるものであり、注意をひくことが出来るというものです。
ある統計によれば「7割以上の人」がすぐに受信メールの確認をし、「98%以上の人」が1日に1回はメールを確認しているためです。

メールマーケティングであれば読者に件名だけでも伝えて、
興味を引くことが出来るようになっているのです。

2.タイトルで興味を引けるか?「Interest」…○効果あり

ただし、「1.目に入りやすい」で記したように注意をひけるといっても、
読者が「意味のないもの」と感じれば、そのメールは開かれることなくゴミ箱、またはそのまま放置されることでしょう。

そのため、いかにして興味をひけるかが重要になってくるようです。

また、統計を引っ張りますがメルマガの開封率は「10%未満」ともいわれています。
ちなみに、筆者の「Nexus 7」でGmailを開いて見ると、タイトルは全角で16字までしか見られないため、
タイトルの字数まで意識した決め方が重要になるのです。

このように、いかにして興味付けすることが出来るかが大切になっています。

3.Yesをそのまま引き出す「Desire」…△効果あり

10%程度の人がメルマガを見てくれますが、メルマガの記事の作り方も重要になります。
例えば「件名」に書いてあること以外のことばかり書いてあれば、脱落率は高くなります。

また、文章がダラダラと長くなっていても脱落していくことでしょう。
タイトルで「読みたい」と思わせた「Yes」の気持ちの通りにメルマガの構成をしてあげる必要があるのです。
そうすると欲求を高めて「Action」へと繋がっていくのです。

ただし、メールマーケティングは消費者行動的に言ったら「入口」です。
そのため、メールの内容でおなかいっぱいにするのではなくサイトなどへつなげる必要があるのです。

4.なかなかリンク先には行かない[Action」…×効果が低い

最終的に購買やリンク先まで訪れてくれる人はどの程度いるのでしょうか?
業界的に行ったら0.3%の人しか訪れないといわれています。
そのため、メールマーケティングは行動を引き起こすまでの効果は低いものとなっています。

もちろん、これは統計的に言ってこうなっているだけで、
例えばメール内容を工夫することによって割合を高めることが出来たり、
読者対象を広げれば、アクセス数を増やせるでしょう。

そのため、どの時点で脱落しているのかを見てあげていくことで、
メールマーケティングの効果を高めることが出来るのです。

以上をまとめると、メールマーケティングの効果は注意をひきつけるには最良です。
ただし、リンク先などに連れて行くには、文章や画像に工夫を凝らす必要があります。

今すぐ無料ダウンロードする 製品版を今すぐ申し込む
お問い合わせ