営業担当が心に刻むべき事。顧客リストは自分の手元に集めよう!

この記事は約 3 分で読めます。

今回は顧客リストの管理について、営業担当が心に刻むべき重要な事をお話致します。大げさに感じるかもしれませんが、本当にこれからお話することは徹底するようにしてください。

心に刻んで欲しい事。それは、必ず顧客リストは自分の手元に集めることです。

便利なネットサービスがたくさんあるからこそ……

顧客リストを自分の手元に集めることが大事と言われても当たり前だと感じる方の方が多いかと思います。

ですが、意外に見落として顧客リストを危険にさらしている方が多いです。なので、転ばぬ先の杖ではないですが、改めて顧客リスト管理の大原則をお話しているわけです。

では、どんなことを営業担当者は見落としているというのでしょうか?それは、ネットサービスをつかって顧客を集めようとしている最近の企業に共通する落とし穴です。

その落とし穴こそが「ネットサービスをとおして顧客情報を管理している」というもの。

具体的にいうと、フェイスベックページを使ってお客さんを集めてたり、『まぐまぐ』などのメルマガ配信スタンドを使ったりということをやっている企業が危ないんです。

急に仕様が変わってデータにアクセスできなくなるかも!

一体フェイスブックやメルマガ配信スタンドを使っていることの何が問題なのか?それは、利用しているネットサービスが終了してしまった時に顧客リストも合わせて失われてしまうことです。

例えば、まぐまぐは最大級のメルマガ配信スタンドですが、自分のメルマガを読んでくれている購読者の連絡先などは一切しることができません。あくまでまぐまぐの所まではアドレス情報などは来ていますが、発行者にはその情報をしる権利がないのです。フェイスブックページもメッセージは遅れますがアドレスを知れるわけではありません。

つまり、もしフェイスブックやまぐまぐが現在と仕様を変えてしまった場合、何の手を打つこともできずに顧客リストがなくなってしまうわけです。例え現在1万以上のアクセスやメルマガ読者が板としても、サービスが使えなくなれば0になってしまうんです。
temoto

自社サイトを活用してデータを自分の元へ

それでは、ちゃんと連絡したい時につかえる他の会社のサービスに左右されない顧客リストを作るにはどうすればよいのか?

もっともシンプルで効果が高い方法は、自社サイトへとメルマガやフェイスブックページから誘導して「限定メルマガ」や「限定無料レポート」といったもので興味を引き自社で登録をし直してもらいます。

こうすることで、何があっても連絡できる顧客リストを手に入れることができるんです。ここまで気にして始めて顧客リストを持っていると胸をはって言えることでしょう。

自社から好きなタイミングで連絡できるネットワーク作りを!

今回お話したのは、顧客リスト管理で見落とされてることが多いことについてでした。

その内容は、利用しているサービスの廃止や仕様変更が起きても安定して売上UPするために、自社で再度登録するための仕組み作りをする必要があるというものでした。

せっかく集めた顧客リストを捨ててしまうようなことにならないように、ネットサービスとは上手に付き合うようにしていきましょう!

今すぐ無料ダウンロードする 製品版を今すぐ申し込む
お問い合わせ