Pasonaの法則でダイレクトメール営業をスタートダッシュ!

この記事は約 3 分で読めます。

ダイレクトメールを送っても反応が出ない。そもそもダイレクトメールをどんな風に書けばいいかわからない。そんな方々って多いのではないでしょうか?
私自身、ダイレクトメールを書き始めた当初はそれまで書いていた文章との毛色の違いに戸惑ったものです。

そんな実際に四苦八苦した結果、PASONAと言う法則に従うと書きやすいことに行き着きました。今回はそのPASONAの法則について御紹介します。
この法則通りに書けば、最低限効果があるダイレクトメールを書けるようになりますよ。

誰でもプロ並みのレターが書けるPASONAの法則とは?

それでは、さっそくPASONAの法則についてご紹介していきます。
PASONAとは、人の心理を誘導して、購買活動へと誘導する一連の流れをステップに分けたものです。そのステップ毎の英語の頭文字をつなげてPASONAとなります。


『P』loblem 悩みの喚起
最初のステップでは、読者に対して悩みを喚起していきます。
代表的な書き方としては「○○に困っていませんか?」「○○に困っている方が増えています」
このステップは読者が抱えている問題に触れて、レターへと引き込んでいくためのステップです。
『A』gitation あおりたてる
次のステップでは、その問題をさらに深堀、深刻なものへとしていきます。「なんとかなると思っているかもしれませんが、実は~」などというのが代表的な形です。このステップで悩みを解決しなきゃいけないと、強く思わせていきます。
『So』lution 解決策の提示
ここまで読み進めた読者は、強く悩みを解決したい気持ちになっています。そこで解決策を提示していくのです。「その悩みをこの商品を使うと解決できます。なぜなら~」ここで大事なのは、なぜ商品を購入することで悩みを解決できるかを明確にすることです。提供する商品がどう悩みの解決に役立つのかをしっかりと書いていきましょう。
『N』arrow down 限定、購入機会の限定
このステップでは、限定感を演出して、さらに欲しいという気持ちをかき立てていきます。今を逃したら手に入らない理由。今申し込んだらどんな特典があるのか。そういったのを書いていきます。
『A』ction 行動を促す
ここまで読んだ読者の頭の中は購入しようかどうかを検討しています。なので、最後に背中を押してあげます。この部分をクローズとも言うのですが、絶対に必要です。「今すぐ申込をしましょう」そんな単純な一言でもあるのとないのでは大きく効果が変わってきます。

以上が、PASONAの法則です。そんなに難しくないですよね。なのに、購買につながる確率が法則に沿わない時と比べると雲泥の差になるんですよ。
ステップ通りにさっそくダイレクトメールを書いてみましょう!
3c5be0e2b1e10621bb33eb9e047186f4_s

応用の幅が広いPASONAの法則は役立つこと確実!

今回はダイレクトメールでの営業をすることになった担当者の方向けに、効果的なセールスレターの型をご紹介しました。

PASONAの法則はどんなセールスでも応用ができる法則です。

ぜひ、さっそくこの法則通りにダイレクトメールを書き進めてみてください。これまで反応が出ていなかった方は、反応の良さに驚くことになるでしょう。初めて書く方は、ダイレクトメールを書くことが思ったよりも簡単なことに安心することになりますよ。

今すぐ無料ダウンロードする 製品版を今すぐ申し込む
お問い合わせ