初めてのアドレスに配信をする場合、迷惑メールとして捉えられない為に必要な表記

この記事は約 1 分で読めます。

人為的に判断する場合と機械的に判断する場合により全く違います。

人為的とは

※ここでは人が見て判断するケースとします。

人為的であればタイトルと送信者名が全てです。
あなたが信頼しているメールはどうやって判断しますか?

まず送信者名
送信者名:tanaka

送信者名:○×会社 田中太郎

を比較した際にどのように思いますか?
どちらを信頼するでしょうか?

次に件名
件名:お疲れ様です

件名:契約書のご確認と御礼

を比較しても一目瞭然です。
このメールはどれぐらい早く読まなければいけないのかを1秒前後で判断されます。

まずは送信者名と件名に全力を尽くして下さい。

機械的とは

ここではメールサーバーがスパムとして判断するケースとします。

これは各サーバーが判断しているのでどうこう出来ません。

例えば、

  1. 1分間に何百通送信する
  2. 激安サーバーのIPアドレス
    これは迷惑メールを送信する業者が大量にいます。
  3. スパムハウス入りしたサーバーIP

これらの基準で選ぶしかありません。
1分間に送るメール数を減らす、信頼のあるサーバーで送るなどの対策が必要になります。 

今すぐ無料ダウンロードする 製品版を今すぐ申し込む
お問い合わせ