次の見込み客を見つけるのに役立つ黄金の質問とは?

この記事は約 3 分で読めます。

ちょっと待ってください!
ひょっとして、お客さんにサービスを売って、そのまま終わりにしていませんか?

「お客さん、買ってくれてよかった、よかった。さてと、次のお客さんを探さないとなぁ……」

販売後にもしもそんな感想だけで終わっているのなら、みすみす次の見込み客を見つけるチャンスを逃してしまっています。

買ってくれたお客さんから、次の見込み客を探す糸口を探せる!

実は、自分の所のサービスを買ってくれたお客さんには、次の見込み客を見つけるためのヒントがゴロゴロと眠っているんです。
それを掘り返さないなんて、もったいないお化けが出てきちゃいますよ。

見込み客が見つからないと悩んでいるのなら、ぜひこの記事を最後までご覧下さい!

広告を出す上で、効果測定は何よりも重要!

そもそも、見込み客を探すために、多くの方が広告を出されているかと思います。ダイレクトメールやポスティング、折込チラシやブログにSNS……。

広告の手法はたくさんあります。そして、たくさんあるからこそ、本当に今使っている広告が効果があるかを知ることが重要です。

例えば、あなたが集客のために30万のお金を使って広告を出したとします。その結果100人のお客さんにサービスが売れたとしましょう。

しかし、これだけで広告に効果があったと判断するのは早すぎます。例えば、あなたは折込チラシで広告を出したとしても、お客さんは本当にそのチラシを見てやってきてくれたのかがわからないからです。

ひょっとしたら、たまたまホームページを見た見込み客が購入に踏み切ったのかもしれませんよね。

最も確実な効果測定は、直接お客さんに聞くこと!

では、本当に広告が見込み客を集めるのに効果があったのかどうかをどうやって確認すればいいのでしょうか?

これには、シンプルで確実な方法があります。

それこそが実際にサービスを買ってくれたお客さんに聞くことなんですよ。

『今回、何を見て当社のサービスを知ってくれたのですか?』

このように聞いて出てきた答えこそが、今後見込み客を集めるためにどの広告を使えばよいかを判別するための鍵なんです。

例えば、ホームページを見て来てくれたお客さんが多いなら、ホームページにアクセスを集めることを考えるのがもっとも効率的です。これが、チラシだった場合は同じようにチラシの発行部数を増やせばいいでしょう。

本当に効果があるかを半信半疑で広告を使うよりも、格段に見込み客を集められる可能性は高くなりますよ。
c6175f74c5c4bc9d48e997659ef6456e_m

アンケート形式で書いてもらうだけじゃ足りない!

さて、このお話をすると「アンケートで聞いてる」と答える方が中にはいらっしゃいます。確かにアンケートにしておけば簡単に集計できるというのは魅力的です。

しかし、アンケートではお客さんが面倒がって適当に書いている可能性は捨てきれませんし、何よりその広告のどんな所がよかったのかなどを深堀できないという欠点があります。

なので、私個人としてはアンケートよりも実際に対面で聞くのが手間はかかっても効果的な見込み客の集め方を見極めるのに大事だと考えます。アンケートという楽な手段でチャンスを逃さないようにしてください。

見込み客獲得に繋がる金の卵を見過ごさないで下さい!

今回は見込み客の獲得につながる金の卵の探し方をご紹介しました。

その金の卵というのは

『お客さんが何をきっかけにしてサービスを知ったのか?』

というものです。

実際購入してくれたお客さんに聞くというのは、見込み客を集めるのに使えす情報をザクザクと手に入れられる重要なポイントです。
もし今回紹介した話の内容をまだ実践していなかったのだとしたら、この機会に購入後のヒアリングをしっかりと確認するようにしましょう。それだけでどんな業種でも見込み客の獲得数、ひいては売上が変わってきますからね!

今すぐ無料ダウンロードする 製品版を今すぐ申し込む
お問い合わせ