FAXDMのツボはココにあった!!誰も教えてくれない営業手法を大公開(前半)

この記事は約 3 分で読めます。

もしこれからFAXDMをしようと思っているならば、先に断言しておきます。

その方法ではきっと思った以上の売り上げを見込めないでしょう。

最初からこのように言われたら、あなたはショックを隠しきれないかもしれません。

ですが、衝撃的な事実ですが、思ったほどの売り上げが見込めないことは本当のことなのです。

ただ、もしあなたがここで「FAXDM」のツボを押さえることが出来たら、結果はだいぶ変わる可能性があります。

そのため、今回は前半と後半に分けて、あなたのために「誰も教えてくれないFAXDMのツボ」について解説します。

92fb1aa9ac6a380fc88a98747c89c5d9_m

1.FAXDMの反応率は0.1%…

ダイレクトメールを送ったことがある人なら知っているかもしれませんが、実はDMの反応率は非常に低くなっています。

業界的に言えばその割合は「0.3%」と言われています。

しかも、FAXDMでいえば、さらに低い「0.1%~0.3%」と言われているのです。

この反応率の低さこそ、冒頭で書いた通りの「思った通りの売り上げを見込めない」理由なのです。

また、ただ反応率だけが悪いならいいですが、FAXDMにはそれ以上の問題があります。

それは「クレーム」が起きるということです。

これは受信者のトナーなどを勝手に使っているので当たり前ですが、FAXDMは他のDMに比べると、「クレーム」が起きやすいのです。

ただ、こうしたクレームや反応率が悪くなるのは、それなりの理由があるはずです。

そこで、「どうしたら反応率が悪くなるのか?」について見ていきましょう。

2.反応率が悪くなるのは○○○だから!!

多くの企業様では、実はある問題があるために、FAXDMの反応率が悪くなっているのです。

この原因について探ってみます。

顧客のアクションを予想しないから

顧客のアクションと言うのは、例えば段階を分けると、以下のようなものがあります。

  • クレーム(ネガティブ要素が強い)
  • FAXDMをゴミ箱へ捨てる
  • FAXDMを残しておく
  • 問い合わせをする(ポジティブ要素が強い)

以上のような、アクションがあります。

もちろん、細かく分ければ消費者行動はもっと分類できるでしょうが、簡単には上記のようなものです。

さて、ここで質問です。

あなたは顧客にどのようなアクションを望んでいますか?

ほとんどの企業様でポジティブな行動を望んでいると思います。

もちろん、この願いは間違っているというわけではありません。

FAXDMを送るのであれば、「売り上げに繋がる」ようにするのは当たり前です。

ですが、多くの企業様では顧客のアクションをポジティブの面「だけ」想像して、ネガティブな面の予想をしていないのです。

結果、「良いこと」だけを伝えようとしすぎて、顧客にネガティブな感情を浮かばせてしまっているのです。

これが起きると、最終的には「クレーム」、または「捨てる」と言う行動に繋がるのです。

つまり、あなたのFAXDMが顧客の「No」を引き出しているのです。

したがって、FAXDMのツボは「No」というネガティブな感情を出させないことにあるのです。

今回は、「FAXDMのツボはココにあった!!誰も教えてくれない営業手法を大公開(前半)」として何故、反応率が悪くなるのかを見ました。

後半では、どのように「No」を減らしていくのか、その「No」の種類と「対処法」について見ていきます。

今すぐ無料ダウンロードする 製品版を今すぐ申し込む
お問い合わせ