アイキャッチ画像0401

反応が悪い?それは「件名」が原因です!DM開封率アップはこうすべし!

この記事は約 5 分で読めます。

DMやメールマガジンを活用している企業は数多くあります。
そんな会社の担当者が「どうして反応がよくないのだろう。この内容なら問題ないのに…」と口にするのをよく聞きます。
せっかく苦労してつくったDMやメルマガも、レスポンスがよくないとなれば担当者からすれば泣くに泣けません。

ところで受け取った読者は、本当に「開封」しているのでしょうか?
肝心の中身を読まずに即ゴミ箱行きになっているとしたら…。

その場合、読者はどういった原理でそのような行動に移ると思いますか?

あなたがDMやメールマガジンの担当者なら、まず認識しなければならない大原則があります。

それは

多くの読者は、内容を読む前にその件名から開封するか否かを判断している

ということ。つまり、どんなに本文の内容が読者の利益や幸福感につながるものだったとしても、件名がダメなら心をつかむことができずに、即廃棄、となってしまうのです。

ゆえに、DMやメルマガの開封率をアップさせるためにには、「件名」がキーポイントになってくるわけです。
そこで今回は、開封率がアップする「件名」をどうやってつけるか、についてご紹介していきます。

読まれるメールはココが違う!

04-01

開封率が高くよく読まれるDMなどの件名を調べてみると、共通する4つの項目が浮かび上がってきます。


・読者にとって役立つことがよくわかる
・本文の内容が容易にわかり、具体性に富んでいる
・すぐに読まなければならない気にさせる
・視覚的に目立っている

ではどうやってこれらの項目を件名に反映させていくか?順を追ってご説明してまいりましょう。

読者にとって役立つことがよくわかる

まず、送るDMが読者にとって役に立つものである、ということが件名からわかるようにしなければなりません。

「スキンケア化粧品に新商品登場!」

スキンケア化粧品についてのDMを配信するとして、このような件名で送ったとしましょう。「スキンケア化粧品に新しいのが出たんだな」程度の認識しか与えられず、「へえ~」で終わってしまう可能性があります。当然読まれずに終わってしまうでしょう。

まずこうしてみてはどうでしょう。

「年齢肌にお悩みの方へ 新しいスキンケア化粧品が登場しました!」

ただ新商品が登場したという最初の件名に比べて、「年齢肌に役立つ」化粧品が登場したということがわかり読者の興味を引きやすくなっています。

本文の内容が容易にわかり、具体性に富んでいる

自分に役立ちそうな新商品が登場した、という情報にさらに具体性を追加してみましょう。

「年齢肌にお悩みの方へ 肌の艶とハリを取り戻す新スキンケア化粧品登場!」

具体性をさらに追加することで、件名が引き立ってきました。この件名から化粧品の内容が具体的にイメージできるようになったように感じませんか?

この商品は中高年層のご婦人に向けた商品なので、対象となる読者をその層に絞り、それらの方々が興味を持ってくれるような具体性を加えています。

例えばこれが20代の働く女性などの場合には

「敏感肌でもハリと弾力を保つ 新スキンケア化粧品をご紹介!」

といったように興味をもつ対象が異なってきますので、送る相手それぞれが興味をもつ方向性を考えて具体性を加えることが大事です。

すぐに読まなければならない気にさせる

ここまで読者の興味を引く方向性で件名を変えてきましたが、興味を持たれたとしても「時間がないから後で読もう」と後回しにされて、そのまま…などということも十分ありえます。

そこでこうしてみてはどうでしょうか。

「2日間限定でお値段30%off! 年齢肌にお悩みの方へ 肌の艶とハリを取り戻す新スキンケア化粧品登場!」

メールに「緊急性」があることを付け加えてみました。こうすることで、「今すぐに確認しなければ」という気分になります。こうすることで開封率は確実に上昇します。

緊急性については


・期間限定(例:3/1限定! 1週間限定! 本日20時まで!)
・数量限定(例:先着10名まで! 残り5個!)
・金額の限定(例:お値段50%オフ! 1万円引き!)

などといった形で付け加えてみてはいかがでしょうか。「限定」はマーケティング的にも売上増の効果を生むことが知られていますので、非常に有効な手段です。

視覚的に目立っている

最初に例示した

「スキンケア化粧品に新商品登場!」

から比べ、だいぶ読者を引きつける内容になってきましたが、最後にダメ押しの効果を加えましょう。

それは、件名に対して視覚的に注意をひくようにします。つまり『件名を目立たせる』ようにするのです。
どうやってやるかというと、「装飾」を行っていくわけです。

『2日間限定でお値段30%off!』 年齢肌にお悩みの方へ 『肌の艶とハリを取り戻す』新スキンケア化粧品登場!

強調したい部分をカギ括弧を使って装飾してみました。

年齢肌にお悩みの方へ 肌の艶とハリを取り戻す新スキンケア化粧品登場!

なにも装飾しないのがこれですが、比べると圧倒的に前者の方が目立っているのがわかるかと思います。

※2日間限定でお値段30%off!※ 年齢肌にお悩みの方へ 『肌の艶とハリを取り戻す』新スキンケア化粧品登場!

このように記号を使ってみるのもいいでしょう。このような工夫により件名はさらに目立つようになり、それに従って開封率がアップしていきます。

いかがでしたでしょうか?「件名」を工夫するだけで、開封率アップ→売上アップとなることは間違いなしです。

04-02

最後にまとめてみましょう。

その「件名」は


・読者にとって役立つことがよくわかるものですか?
・本文の内容が容易にわかり、具体性に富んでいるものですか?
・すぐに読まなければならない気にさせるものですか?
・視覚的に目立っていますか?

必ずこの項目をチェックして、高レスポンスDMの作成に役立てて下さい。

今すぐ無料ダウンロードする 製品版を今すぐ申し込む
お問い合わせ