顧客リストの集め方を徹底分析!!あなたはどこに問題があるか?

この記事は約 3 分で読めます。

顧客リストを効率的に集めようと思っても「どうしてもうまくいかない」と言う人は多いようです。

これはいくつかの理由があるのですが、
それを知らないために、作業効率が悪化してしまう事態に陥っているのです。

そのため、ここでは「なかなか効率的に」集められない人たちのために、
どうしたら効率よく集められるのか「作業フロー」に合わせて説明していきます。

c89ad105f437f5b21d913fff37247684_m

1.「インプットすべき情報」こそ大事

ここでいうインプットは、よりよい顧客を集めるために顧客リストを作ろうとしている人が
「顧客の定義を明確化」することを意図しています。

この「顧客の定義」には年齢層や住んでいる地域、困っていることなどがありますが、
これらが明確になっていないと、「誰を集めたらいいのか」分からなくなってしまいます。

そこで、まずインプットすることを見直す必要があり、
以下にその点を書いておくので見て確認してください。

インプットすべきことを見直そう

  • 買いたいと思っている人なのか?…例えば、この商品を買ったら悩み事が解決するのかなど
  • 買うことができる人なのか?…例えば、アルコールなどは未成年では買えなかったり、
    地域限定で買いに行くのが困難など(法的、地理的問題etc…)
  • 買うべき人なのか?…例えば、他の商品でも事足りる人なのかなど

こうした点に、着目すると今までと違う、顧客の定義が出来るはずです。
そのため、年齢などはなぜ調べるのかなど理解して、インプットすることが大事となるのです。

2.「プロセス」が作業効率を高める

「プロセス」にはというのは、実際に顧客リストを作るために、
営業担当者などの人々が「テレアポ」をしたり、「ダイレクトメール」を送ることをさします。

この「プロセス」はいくらでも効率を高められる要素があり、例えば以下のようなものがあります。

  • パソコン操作を早めるため、タッチタイピングを覚える
  • ダイレクトメール用のフォーマットを作成して、それに従ってメールを作り送るようにする
  • インカムとパソコンをつなげて連続で、「テレアポ」できるようにするなど

こうした作業をすることによって、作業の「効率化」をすることが出来るようになるのです。
つまり、無駄を見つけてそれをなくす作業をすることが「作業効率」を生み出すのです。

3.「アウトプット」をみて、さらに効率化する

ここでいう「アウトプット」とは、
良質なターゲットを効率的な手法で選定した「顧客リスト」のことをさします。

この顧客リストは以前のものに比べると、
時間や手間をかけずに手に入れることが出来ているはずです。
ですが、例えばこの「顧客リスト」を利用してみて、あまり売り上げが上がらないとします。

そうした場合には「インプット」や「プロセス」に何らかしらの問題が
発生していないのかを確認する必要があるのです。
そのため、「アウトプット」を見て、より効率化できないか見ていく必要があるのです。

以上のように顧客リストを効率的に集めるには、三つの段階に分けてみるといいのです。
そして、そのポイントを以下にまとめます。

  • 良質なターゲット設定をする
  • 作業フローを見て、同じ動きはフォーマットにする
  • アウトプットを見て、より効率できる場所を見つける
今すぐ無料ダウンロードする 製品版を今すぐ申し込む
お問い合わせ