顧客リストはこう集めろ!!「いますぐ客」を集める効率的な方法

この記事は約 3 分で読めます。

顧客リストを集めようとしていたり、
すでに集めていても「なかなか売り上げに繋がらない…」、このように思う人は多くいると思います。

それはあなただけの悩みではなく、世の多くの企業が同じようによりよい、顧客リストの集め方を知らないからなのです。
そのため、本ページではあなたのために適した「顧客リストの効率的な集め方」をアドバイスしていきます。

商談1

1.ターゲット層を広げる…量を増やす

今までの「顧客リスト」という概念は、あくまで「買ってくれた人」の購買履歴などを管理しているものでした。
そのため、顧客が少ないのです。もしかしたらこの意味が分かりにくいかもしれないので、具体例をあげてみます。

今までどおりの管理をするA社

A社は今まで通り「買ってくれた人」を顧客として管理し、顧客リストに記載してきました。

この方法が、多くの企業が行っている「顧客リスト」と言う概念です。
ですが、ターゲット層を広げると例えば以下のようにすることが出来るのです。

絶対数を増やそうとするB社

B社は「日本人全体」を顧客として考え、顧客リストに記載しようと。

どうでしょうか?きっと多くの方で、【例2】の方がターゲットが広いと思うでしょう。
もちろん【例2】では「ターゲット層が広すぎる」から使い物にならないかもしれません。

ですが、まず「顧客リスト」に載せられる絶対数を増やすべきです。

2.顧客の欲求に合わせて4つに分類

そして顧客リストの絶対数を増やすことが出来たら、
「ニーズ」に合わせて4つのセグメントに分類する必要があります。

「ニーズ」に合わせた4つとは?

  • 「今すぐ客」
  • 「お悩み客」
  • 「そのうち客」
  • 「まだまだ客」

です。
この中でも特に「今すぐ客」に絞りリストを作っていくことが大切になるのです。

この「今すぐ客」と言うのは、顧客のニーズやウォンツが高くて、
すぐに商品を欲している人のことを指します。

そのため、まず1番目に「ターゲットを広げ」、
2番目に「今すぐ客」に絞ってアプローチを掛けると効率的に「良質な顧客リスト」を作れるのです。

ちなみに「お悩み客」や「そのうち客」を良質な顧客へと変える方法もあるので、
それは別の機会にお話しします。

3.何を効率化するか?

ターゲットの選定をすることが出来れば、それだけでも「良質な顧客リスト」を作ることが出来るようになります。
ですが、ここでの問題は「効率的に集める」ことです。

そのため、何を効率的にするのかが重要になります。
例えば「人件費の削減」を目指したいのであれば、「道具を導入する」必要があったり、「人材教育」が必要になります。

効率化したいものに対して、どうすればいいのかを以下に、具体的に紹介します。

  • 「労働時間を減らしたい」 → お客がホームページに来るよう工夫するなどパイプ型の回収方法を作るなど
  • 「人件費を削減したい」 → 作業フローを明確化して時間ロスを少なくするなど
  • 「今すぐに顧客リストを手に入れたい」 → 顧客リスト販売業者から購入するなど

このように人、もの、金、情報、時間の何を効率化したいのかを明確にすることで、
「良質な顧客リスト」を集められるようになるのです。

もう一度まとめると、「顧客リストの集め方」に大切なことは、以下のようなものとなります。

  • ターゲット層を増やすことが大事
  • セグメントをして「今すぐ客」が集まるようにする
  • 効率化すべきことを知って、「今すぐ客」の数は減らさないようにする

このようにすれば、あなたも効率的に「顧客リスト」を集められるでしょう。

今すぐ無料ダウンロードする 製品版を今すぐ申し込む
お問い合わせ