ビジネスマン必見!!開封率を倍にするDMの「工夫の仕方」

この記事は約 3 分で読めます。

新規開拓やリピートを得ようとしても、ダイレクトメールのコツを知らないと、反応率を高められずに困ってしまうことがあるようです。

そこで「もし開封率が高まるような方法がある!」と知ったら、あなたはその情報を喉から手が出るほど欲しいはずです。

そこで、このページにおいて、まだまだDMの開封率を高められるあなたのために、適したダイレクトメールの効果的な送り方を解説していきます。

6b1a4705c18dc80717bac04b87b6ddeb_m

1.DMの反応率は非常に低い…

よく「DMを送れば顧客が増える」といううたい文句を見ますが、本当に顧客を獲得できるのでしょうか?

結論を先に述べてしまうと「DM」の反応率は非常に低くなっています。

一般的に言えば、「千三つ」、つまり1,000人に3人だけ、反応してくれるという風に言われています。

パーセンテージで表せば「0.3%」の人たちしか反応してくれず、10,000人に送れば30人が反応を示してくれるのです。

もちろん、企業様からしたら「数打てば当たる」の言葉のごとく、DMを送ればいいという戦略をとる場合もあるでしょう。

ですが、あまりにもしつこいDMを送っていると「クレーム」に繋がり、本来すべき営業活動が出来なくなってしまうのです。

また、DMは以外にも費用がかかるものなので、なるべく少なくて効果的な方法を選ぶことが重要になるのです。

こうしたことから、DMの反応率を高めていく必要があるのです。

そこで、次の項目では、あなたが犯しがちのDMの間違いについて指摘しています。

2.あなたのDMはココに問題がある

そもそもDMとは、何なのかを認識し直す必要があります。

この認識をし直すことによって、コンバージェンスを高めることに繋がるのです。

ダイレクトメールも「営業担当者」

どういう意味?と、疑問を浮かべる方もいると思いますが、これがDMの本来のあるべき姿だと思っています。

つまり、綺麗な格好をしていたり、相手の気持ちを気遣えるようなDMである必要があるのです。

例えば、あなたはどんな営業マンから商品を買いたいですか?

こうしたことを考えれば、自然に清楚な感じで、笑顔で…といったことを思い浮かべるはずです。

そして、これはDMもそうでなくてはならないのです。

このように身だしなみを整えたDMでなければ、相手は受け取った時に必要のないものとして、ごみ箱に捨ててしまうでしょう。

そのため、DMも営業担当だと思って、作ることが必要になるのです。

3.開けてもらうための工夫を

さて、それではDMを開いてもらうために、どのような工夫をしたらいいのでしょうか?

これには、多くの営業担当者が悩まされてきていると思いますが、DMを作る際のポイントがあるので知っておくといいでしょう。

特別なDMにする方法はコレだ

開けてもらうための工夫として、例えば「付箋を貼る」と言うのがあります。

これはとある心理学の実験によるものですが、「付箋が貼ってある手紙」を受け取ると、「付箋の貼っていないもの」よりも手紙の回収率が高まっているのです。

さらに、「付箋にメッセージ」を書いておけば、回収率はグッと高まるようになっており、こうした工夫を凝らしておくようにすれば開封率は高まるのです。

これは受け取った人が送り手から、大切にされていると思うからであり、特別扱いされていると思うからです。

このような、ほかにも工夫の方法はいくつもあるので、お客さんのことを思って作ってあげることが大切になるのです。

このように、DMの反応率を高めるには「開けてもらうための工夫」が必要になるのです。

DMのポイント

  • DMの反応率は0.3%程度
  • 反応を高めるにはDMも営業マンだと思う必要がある
  • 「付箋など」を用いて特別なDMへと工夫を凝らす
今すぐ無料ダウンロードする 製品版を今すぐ申し込む
お問い合わせ