ビジネスマン必見!売り上げUPを左右する。「顧客リスト」の重要性

この記事は約 3 分で読めます。

これから事業を始めようとしていると、もしかしたらどのように顧客を管理したらいいか分からず困ってしまうかもしれません。
また、事業がうまくいき始めても「より売り上げを高めるため」には顧客の有効活用が必要です。

そういった時に顧客リストが重要になります。
まだ顧客リストを作っていない、上手く使えていない人たちのために顧客リストについてアドバイスをします。

ガッツポーズする男性社員

1.売り上げを左右する「顧客リスト」

多くの「顧客リスト」は、購買してくれた人や購買してくれそうな人を管理するために、
営業担当などが作る顧客の一覧表のことを指しています。

また、この「顧客リスト」を分類してみると、
見込みリストや購入者リストなどに分類することができ、
それぞれのリストが新たな売り上げの源泉としての働きをしているのです。

一度顧客リストを作っておけば売り上げ予測などを立てやすくなったりと、
経営的な観点でも利用することが出来るのです。

「顧客リスト」は売り上げを左右するものであり、ビジネスをする上で重要なものとなっているのです。

次に顧客リストの分類について見ていきます。

2.あなたが必要な顧客リストは?

一概に「顧客リスト」と言っても、その種類は様々あり「見込み客リスト」や「購入者リスト」などに分けることが出来ています。
これらの顧客リストは「あなたがどのようなリストを求めているのか?」によって変える必要があります。

例えば、以下の通りです。

具体例で考えてみましょう

今までは「電化製品」のBtoB事業を行ってきたあなたの会社において、
新規事業を立ち上げようとしています。

あなたは事業責任者であり、今後BtoC向けの「中古販売」をしようとしています。
その時に使えるリストはどれでしょうか?

こうした場合にはどういった顧客リストが必要になるでしょうか?
もちろん、今まで使ってきたリストは使えなくなるでしょう。

例えば、既存の量販店の顧客データを集めたりする必要があったりするのです。
あなたがどんな「顧客リスト」を求めているのか明確にする必要があります。

3.顧客リストをビジネスに生かす

顧客リストをビジネスに生かすのために必要なことは2つあります。
それが「よりよい顧客データを手に入れること」と、「よりよく顧客データを使うこと」です。

具体的には別のページで紹介しますが、
この2つを意識することによって売り上げを高めることに寄与してくれるのです。

「よりよい顧客データを手に入れること」

見込み客数が十分にあることです。
見込み客は購入の可能性が高そうな人で、そういった人が多いほど、
いい顧客リストと言えるでしょう。

「よりよく顧客データを使うこと」

顧客に対して、どのようにプロモーションしていくのかと言うことです。
例えばDMなのか、電話なのか、訪問なのか、そういったことを上手く選ぶ必要があるのです。

このようにしていくと「顧客リスト」をビジネスに生かして、
売り上げアップにつなげることが出来るのです。

「顧客リスト」についてポイント

  • 「顧客リスト」は売り上げアップに使える
  • あなたのビジネスに必要なリストを定義づける
  • 顧客リストをどのように収集するかが重要
  • リストの活用方法まで合わせて考えること

これらのことが重要となっています。
まずはあなたに役立つ「顧客リスト」を手に入れましょう。

今すぐ無料ダウンロードする 製品版を今すぐ申し込む
お問い合わせ